大阪を最高に楽しめるゲストハウス

シンジの北アメリカ大陸横断記その7

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
成長するゲストハウス松のシンジです!
シンジの旅行記ブログ第7弾!!

前回の旅行記ブログはバンフに向けて出発した所までの体験記を書きましたが
今回は出発後からの出来事を書きます。

長時間バス移動の過ごし方

トロントを出発してからは、
バスターミナルと休憩以外はずっとバスの中です。
バスから見る外の景色もほとんど変わりません。

バス外に出る事の出来る停車と休憩時間は、
みんな思い思いに過ごしていました。
タバコを吸う人もいれば、

ストレッチをしている人もいました。

私は、体がなまってしまうので、
できる限り筋トレをしていました。

筋トレをしていたのは、
私だけではありませんでした。
おじさんも、バスの停車中に腕立て伏せ。

バスの停車時間は、長い時もあれば、
短い時もありました。
長いときは、停車した街を散歩、

そこでふと気が付いたのは、
バスの停車する場所の近所には、必ず
Tim Hortonsがあります。

Tim Hortonsは、カナダのドーナツチェーンです。
日本でいうミスタードーナツですね。

カナダ最大のファーストフードチェーンで、
カナダ国内に約3000店舗あるそうです。
(ミスタドーナツは1300店舗)

国内に3000店舗もあれば、
バスの停車場所近所にあるわけですね。

おすすめのドーナツは、
Tim Bitsという一口サイズのドーナツです。
味は、日本のミスタードーナツの
ドーナツよりかなり甘めでした。

Matsuに泊まったゲストさんに、
Greyhoundバスで旅行した話をすると、
このバスを知っている人はみんな、
「タフだね」と言います。

バスは、バンフへ向かって走り続けます。
景色は、ほとんど山ばかりになってきました。
バンフの標高は1,383mなので、
近ずいてきたということです。
山には雲がかかっているように見えます。

バスから山ばかり見ているうちにバンフに到着。
長時間バス移動で疲れていたため、
その日はホステルにチェックインして寝ました。

リゾート地バンフ

バンフ二日目、まずは中心地を散歩。
メインストリートは、
宿泊施設や、お土産屋さん
レストランが多かったですが、
周りは山で、大自然に囲まれていました。

メインストリートを走るバス、
大きくクマのプリントがされています。

クマとワシの木彫り像がありました。

スーパーには大きなクマの置物がありました。
クマがでるのでしょうか。

中心地に建っている大きなホテル

日本料理レストラン

バンフの温泉(CAVE & BASIN)

中心地を一通り散歩したあとは、
バンフにあるCAVE & BASINという温泉に行きました。

バンフの街からは、バスで10分程度で、
歩いていくこともできました。

温泉と言っても入浴できません。
ここでしか生息していないカタツムリを見る事ができます。

入り口の前で記念に写真を一枚

近くにいた人も一緒のポーズで写真を撮りました。

温泉からの帰り道、
少し寄り道をして帰っていると、
幹の部分がえぐれている木を見つけました。

クマがひっかいたあとでしょうか?
怖くなったので山道を歩くのをやめて帰りました。

ホステルで情報収集

ホステルに帰って、ご飯を作って食べていると
1人でバンフに来ていた、
オランダとオーストラリアのゲストがいて、
一緒にご飯を食べることになりました。

2人も一人で旅行をしているそうで、
それぞれの旅行の話を約2時間聞きました。

2人は、私より先にバンフに来ていたので、
おすすめの場所を聞いたところLake Minnewanka(ミネワンカ 湖)と
(Tunnel Mountain)トンネルマウンテン
が良いそうで、両方、歩いて行けるそうです。

バンフ2日目は,教えてもらった湖に行く事にしました。
バンフ1日目終了。

この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です