大阪を最高に楽しめるゲストハウス

伊勢のおすすめゲストハウス「風見壮」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

三重県 風見壮

今週は、スタッフしんじが
三重県伊勢市にあるゲストハウス
風見壮におじゃましてきました。

MATSUがオープンして5か月目です。
これまでみんなで突っ走ってきましたが、
予想していたようにいかない事の方が
多い毎日が続いてきました。

その都度みんなでアイデアを出し合ってきましたが、
自分たちのアイデアに限界を感じていました。

そんな時に、バックパッカーで色々な所へ旅行して、
多くのゲストハウスに泊まってきたきたユージから
風見壮さんの話をききました。
何かヒントになることがあればと思い行ってきました。

風見壮さんは、全面改装のため
9月で営業を中断するところで、タイミングもよかったです。

風見壮のオーナーさんと話がしたかったので、
直接風見壮さんに電話をして、
オーナーさんと話がしたいとお願いしたところ
改装前で忙しい中、会ってもらえる事になりました。

行く目的は、ゲストハウスの相談なのですが、
伊勢に行くのは小学校以来20年ぶりなので観光もしたいです。

MATSUから伊勢市駅まで約二時間ほどでした。

小学校の時の記憶はないのですが駅周辺がとてもきれいでした。
駅をでてすぐ鳥居がありました。伊勢神宮が近いからでしょうか?

駅から目的地の風見壮までは徒歩2分と近くすぐわかりました。
エントランス入るとMATSUとは雰囲気が全く違いました。
木材をふんだんに使ってあるコミュニティースペースがありました。

スタッフから宿泊の際の説明を受けて、
オーナーのヒロミチさんを紹介してもらいました。
話せる時間が限られていたので、
質問ばっかりになってしまいましたが、
ヒロミチさんは快く答えてくれました。

大阪と三重県の違いはありますが、
私が考えていたよりも日本に来ているバックパッカーが少ないこと。
ゲストハウスの数がここ数年でかなりふえているので、
新築が当たり前になってきている事。

風見壮でも継続してやり続けていることは、
清掃、ゲストさんとのコミュニケーション、
ブログ、フェイスブック、ツイッター、
ゲストハウスの情報を発信し続ける事、
その積み重ねが大事との事でした。

スタッフのナオミさにも話を聞かせてもらいました。
忙しい中ありがとうございました。

風見壮の詳細はこちらから

伊勢のおすすめ晩ご飯

ゲストハウスの近くで晩ご飯を食べるところ探して
直感で決めたお店に「あしべ」に入りました。

おばあさんが一人で料理を作っていました。
話をきくとお店を初めて46年目だそうです。

美味しそうなメニューが並ぶ中で、
一番目立っていた伊勢すきやき丼を頼みました。
牛肉は松坂牛を使っているのでお肉が柔らかく、
しっかり味がして美味しかったです。

おばあさんに、MATSUのステッカーを
貼らしてほしいとお願いすると快く了承してくれ、
カウンターに貼らせていただきました。
写真を撮らせてもらったのですが恥ずかしいそうで、
自然な感じでとらせてもらいました。

一人でご飯を食べていると
一緒に居合わせたお客さんが一杯誘ってくれました。

その方は、神社の神主さんで、伊勢神宮に仕事できていました。

昔、神主さんは今でいう公務員だったそうです。
なぜなら、国が神社を管理していたからだそうで、
天皇様がする仕事を代わりに神主さんがやっていたかだそうです。

そのシステムが、第二次世界大戦後、GHQによって変えられたそうです。

神社を国が管理していた事は知りませんでした。

きれいな場所に神様は宿るそうで、
例えで、きれいな場所にお客さんはきます。
そのことからお客様は神様といわれる事なんかを話してくれました。

自分の知らないことを沢山教えてもらいました。
いつか神主さんの神社に行こうと思います。

近いうちに伊勢観光をしたブログも載せますのでお楽しみに。

この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です