大阪を最高に楽しめるゲストハウス

MATSUおすすめの新アクティビティー「そば打ち体験」をやってみた!

 
そば打ち体験
この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

MATSUから徒歩10分ほどの場所にある
ナゾの工場…。

そば打ち体験

ここでは月に数回、あるイベントが行われています。

それは、

そば打ち体験!!!

ゲストさんにおすすめする前に、
スタッフがそば打ちを体験してきました!

もちろん2人ともそば打ちは初めて!
おいしいそばは打てたのでしょうか?

そば打ち体験は事前予約が必要です。
人気なので予約枠はすぐ埋まってしまいますが、
今回は、特別に少し時間をずらして
体験させていただくことができました。

持ち物はエプロン、タオル2枚、三角巾と
自分が打ったそばを持ち帰るための容器です。
参加費は1人2,600円です。
*500gの二八蕎麦を打つ場合

 

準備はバッチリ!

Taku

さっそく始めよか。

Shinji

えーっと、何から?

Taku

粉をふるいにかけて、水を足しながら、
かき混ぜるって教えてもらったやん。

Shinji

そば打ち体験

そうそう。じゃあそれから。

Taku

そば打ち体験

粉が小さな塊になってきた。

Taku

そば打ち体験

いい感じ?

Taku

うん、いい感じや。先生も丁寧に教えてくれるしな!

Shinji

そば打ち体験

こねたあとは?

Taku

はじめは手、次に麺棒を使って生地をのばす!
ポイントは真上から手で押すこと。
ねじると生地が破れるから気をつけや。

Shinji

棒は、のし棒と巻き棒があって、細長い方が巻き棒。
これも先生が言ってたから!

Shinji

そうそう、言ってた!たぶん…。

Taku

そば打ち体験

ねじらないようにまっすぐ上から。

Taku

そば打ち体験

 

そば打ち体験

ふう、のびた!

Taku

初めてにしてはいいでき!

Shinji

今日の夜ごはんは天ぷら蕎麦!
スーパーでエビ天2つ買おーっと。

Taku

最後は伸ばした生地をたたんで…

Shinji

「切る」やな!

Taku

そう。切るときのポイントは、包丁をまっすぐおろすことやって。そばの上に置く駒板は軽く押さえる程度。

Shinji

あと、切った後に包丁を少し左に傾けて駒板を動かすんやって。それが麺の幅になるって言ってたよ。

Shinji

うん、知ってる。さっき聞いた。

Taku

(ごはんが近づくとやる気出すな…。)

Shinji

え??

Taku

何でもないよ、はやく切ろう!

Shinji

そば打ち体験

できたー!!天そば、天そば!!

Taku

まだ天そばになってないから。
それに後片付けもしないとあかんで!

Shinji

おっけー!

Taku

そば打ち体験

 

 

そば打ち体験はお土産付きです。
麺つゆをいただきました。

そば打ち体験

これで家に帰ってすぐに
打ち立てのおそばが食べられます!

最後に先生と一緒に記念写真!

そば打ち体験

そば打ち体験は毎月3回、第2水曜日と
土曜日(午前・午後)に開催されています。

MATSUに滞在中にそば打ちを体験してみたい!
という方はスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

 

今回打ったそばは2人で1kg…。

生そばの賞味期限は意外と短いらしく、
とても食べきれないので、いつもカレーなどを
差し入れしてくれるご近所さんにおすそ分け!

そば打ち体験

喜んでいただけたようでよかったです!

Shinji

お礼にまた特製カレーをいただきました。
このカレー、辛口でおいしいんですよ。
以前、韓国のゲストさんと一緒に食べた時も
大好評で、すぐになくなってしまいました!

ご近所さんのカレー

いつもありがとうございます。
たこ焼きパーティーにも来てくださいねー。

Taku

ご近所さんとの出会いのきっかけは、
実は、黒松なんです。

美味しいカレーが食べられるのも
黒松のおかげかな。

黒松、ほんまおおきに!

Shinji

この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です