大阪を最高に楽しめるゲストハウス

ゲストさんからのプレゼント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

MATSUの受付ががかわいくなりました。

MATSUに長期滞在してくれた
芸術の勉強をしているフランス人ゲストさん一行

いつもスケッチブックにイラストを描いていました。
MATSUを大変気に入ってくれたようで、
別の宿泊施設に泊まっている友達もMATSU
連れてきてくれました

ちょうどたこ焼きパティーをする日で、
別の宿泊者も合わせて参加者も多く
会話が非常に盛り上がりました。
 

そのお礼にレセプションに
クロマツのイラストを書いてくれました。
 

外国仕様の料理とサイズ

カナディアンのパクストン、
スリッパからかかとがはみ出るほど
体が大きく、リビングに居合わせた
ゲストさんに自分のパンをふるまったり
するとても優しい男です。
スタジオジブリの映画が大好きだそうです。

掃除でお昼ご飯が遅れている
僕らを見かねて、ご飯を作ってくれました。


鶏肉と青梗菜のパスタと豚肉を焼いた焼き豚です。
味は塩コショウのみシンプルです。
たくやと二人でおいしくいただきました。

これから宿泊予定のゲストさんも
料理の異文化交流を楽しめるかもしれません。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です