大阪を最高に楽しめるゲストハウス

元書店員が選ぶ!雨の日に読みたい本7選

 
読書の時間
この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

せっかくの休日にあいにくの
これからしばらくは、そんな日が
続くかもしれません。

雨

雨の日は外には出ずに、家でゴロゴロ
という人も多いはず!

テレビや映画、ネットサーフィン、
ラジオを聴くのもいいですが、
自宅でまったりと読書タイム
楽しむのもいいですね。

そんな日にオススメの7作品を
ご紹介します。

 

死神の精度

伊坂幸太郎
第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞

死神の精度

とともに現れる死神「千葉」。

クールでときどき的外れな死神と、
彼と出会う6人の物語が短編で
書かれています。

金城武さん主演で映画化されているので、
「Sweet Rain」の名前でご存知の方も
いるかもしれません。

続編の「死神の浮力」は長編作品です。
千葉の魅力にハマったら、
ぜひ続編も読んでください。

 

蒼空時雨

綾崎隼
第16回電撃大賞受賞

蒼空時雨

物語は「偶然の雨宿り」から
始まるラブストーリー

目次を見てわかる通り、雨が
物語の背景となっており、
の日を少し好きになれる作品です。

第1話 ヤコブの梯子で雨宿り
第2話 雨、ときどき嘘
第3話 哀しい雨には濡れないで
第4話 日の照りながら雨の降る
第5話 君の隣なら雨宿り
最終話 雨がくれたもの

「花鳥風月シリーズ」の第1作目で、
初恋彗星、永遠虹路、吐息雪色と続き、
現在は6作目まで出版されています。

 

雨の名前

高橋順子

雨の名前

小説を読むのが苦手という方は
こちらはいかがでしょうか?

四季のある日本では古来より
季節と雨の降り方、状態によって、
に様々な名前をつけてきました。

春の桜雨(さくらあめ)
夏の翠雨(すいう)
秋の秋霖(しゅうりん)
冬の氷雨(ひさめ)

本書では写真や詩と合わせて
422もの雨の名前が紹介されており、
日本人が持つ表現力の豊かさに
驚かされます

 

恋は雨上がりのように

眉月じゅん

小説が苦手な方のために、もう一つ。
マンガはいかがですか?

女子高生のあきらが秘かに恋するのは
バイト先のファミレスの店長(45歳)。

クールな女子高生と冴えないおじさんの
歳の差ラブストーリーですが、
2人の内面がきちんと描かれているので、
感情移入してしまうこと間違いなし!

があきらの心をあらわすように
描かれており、絵のタッチも絶妙です。

2018年にはアニメ化が予定されているので、
気になる人はチェックしておきましょう。

 

さよなら妖精

米澤穂信

さよなら妖精

梅雨前の学校の帰り道、高校生の
守屋路行と大刀洗万智が出会ったのは、
ユーゴスラビアから来た少女マーヤ。

日本に興味を持つマーヤと、彼女を通して
異国に惹かれる高校生たちのふれあい。

彼らの偶然の出会いがもたらすものとは

読後の切なさと、すっきりさせない感じが、
の日の湿気を含んだ空気にマッチします。

 

旅のラゴス

筒井康隆

旅のラゴス

文明を突如として失った代わりに、
超能力を持った人が現れはじめた世界を
生涯をかけて旅する男の物語です。

独特の世界観があるものの、
ファンタジーが苦手な方でも
読みやすいと思います。

230ページほどの本の厚さに
似つかわしくないほど、
濃い内容になっています。

想像力をフル活用して、
ラゴスと世界を旅しましょう。

で外出できないストレスが
たまっている時にオススメです!

 

空飛ぶタイヤ

池井戸潤

空飛ぶタイヤ

「半沢直樹」「下町ロケット」
で有名な池井戸潤さんの作品です。

話の流れはワンパターンですが、
スカッとしたい時に最適!
さらにすごいのは結末を予想させながら、
それでも最後まで読ませる筆力!!

三菱自動車のリコール隠し事件が
モデルになっており、それが話に
より現実味をもたせています。

かなりボリュームはありますが、
読み終わった後の爽快感は格別です。
の日の憂鬱な気持ちを
きっと晴らしてくれます。

2018年には長瀬智也さん主演で
映画化が予定されています。

 

いかがでしたか?

雨の日には思い切って
インドア生活を満喫しましょう!

MATSUの3階フリースペースには
マンガも用意しています。

3階フリースペース マンガ

室内でのんびり過ごしたい日には
ぜひご利用ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です