大阪を最高に楽しめるゲストハウス

恐怖で涼しさ倍増!?関西のお化け屋敷2017

 
お化け屋敷
この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

日本の夏の風物詩のひとつ、
「お化け屋敷」

今では遊園地などで人気の
アトラクションとなっている
ところもあります。

怖いとわかっていても
ついつい気になってしまう!

そんな好奇心旺盛なあなたに
おすすめのお化け屋敷をご紹介!!

 

 

 

関西のおすすめお化け屋敷

 

東映太秦映画村

映画や時代劇の撮影でも使用される
江戸の町並みを再現したセットと、
季節ごとのイベント、ショーを見るために
たくさんの観光客が訪れる京都の
定番観光スポットです。

時代劇

*画像はイメージです。

そんな映画村で楽しめるのが、
「史上最恐のお化け屋敷」

撮影所を支えるスタッフがセットを作り、
俳優がお化けを演じると聞けば納得です

料金:500円
*入村料2,200円が必要です。

★★MATSUからのアクセス★★
地下鉄「天下茶屋駅」が便利です。
阪急線「西院駅」まで行き、京福電鉄
に乗り換えて、「太秦広隆寺駅」で
降りて、徒歩4分です。

 

ひらかたパーク

2012年「ゆびきりの家」から始まった
梅田お化け屋敷プロジェクト!
6年目の今年は、ひらパーで開催されます。

ひらかたパーク

企画制作を担当するのは、もちろん
お化け屋敷プロデューサーの五味弘文さん!
怖さは折り紙付きです…。

昼と夜で異なる公演が予定されていますが、
残念ながら夜公演のチケットは早くも完売です。

昼公演:「呪い着ぐるみギギ」
会場:ひらかたパーク イベントホール1
入館料:800円(入園料が別途必要です)

夜公演:「呪われた夜の遊園地」
会場:ひらかたパーク全域
*閉園後の園内を約40分かけて歩きます。
入場料:4名1組10,000円
(または5名1組12,500円)

ともに7/14〜9/3までの期間限定ですが、
開催日時は日によって異なるため、
詳細はこちらを確認してください。

★★MATSUからのアクセス★★
地下鉄「天下茶屋駅」が便利です。
「北浜駅」で京阪線乗り換えて、
「枚方公園駅」で下車。徒歩4分です。

 

生駒山上遊園地

お化け屋敷「地獄門」

見た目からしておどろおどろしい
建物は雰囲気たっぷりです。

地獄門

アトラクションとしても十分怖いですが、
実は「本物」を見たという噂が絶えない
お化け屋敷なんです。

遊園地建設中の事故で亡くなった方の霊とも
旧生駒トンネルの崩落事故の犠牲者の霊とも
言われていますが、詳しいことは分かりません。

もはや、お化け屋敷というより、
心霊スポットと言えそうです…。

入館料:500円
*生駒山上遊園地の入園料は無料ですが、
乗り物・アトラクションは有料です。

★★MATSUからのアクセス★★
地下鉄「天下茶屋駅」が便利です。
「日本橋駅」で近鉄線に乗り換えて、
「生駒駅」で降ります。
ケーブル「鳥居前駅」まで徒歩で移動し、
途中の「宝山寺駅」で乗り換え、
「生駒山上駅」で降りるとすぐです。

 

恐怖と寒気の関係とは!?

2つに共通する体の反応といえば、
「鳥肌」が立つことですが、これは
交感神経が刺激されたことにより、
立毛筋が収縮して起こります。

鳥肌のメカニズム

立毛筋は皮膚の内側にある毛根につながる
小さな筋肉です。通常、毛髪は皮膚に対して
斜めに生えていますが、立毛筋が収縮すると
毛髪が垂直になります。

この時、毛根を包んでいる毛包という組織に
圧力がかかり、皮膚側に押し出されるため
「鳥肌」となります。

これは寒さから体を守るための反応です。
動物は濃い体毛に覆われていることが多く、
毛を逆立てて毛と毛の間に空間を作り、
皮膚と外気の間に毛の層をはさむことで
一時的に体温の低下を防ぐと言われています。

交感神経は、立毛筋の収縮だけではなく、
皮膚の近くを流れる抹消血管を細くし、
体外への放熱を抑える働きもあります。

冬に指先などが白っぽくなるのは、
そのためです。

怖いと寒気を感じる理由

交感神経は寒さだけでなく、
恐怖による刺激にも反応します。
動物にとって寒さは命の危険に
つながるからかもしれません。

血管の収縮によって皮膚の表面は
寒さを感じ、特に無防備な背中は
敏感にそれを感じ取り、いわゆる
「背筋が凍る」状態になるのです。

おまけ

感動した時に鳥肌が立った経験を
した人もいると思います。

これも交感神経が刺激され、立毛筋が
収縮するというプロセスは同じですが、

寒さ・恐怖への反応は動物が持つ
根源的な防衛本能であるのに対して、
強い感情に交感神経が反応するのは
人間だけの特徴だそうです。

 

今年の夏も暑い日が続いています。
お化け屋敷で楽しく涼んでみては
いかがでしょうか?

MATSUからなら京都へも
奈良へもアクセス抜群!!

この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です