大阪を最高に楽しめるゲストハウス

大阪名物たこ焼きパーティー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

大阪名物たこ焼きパーティー

MATSUでは、毎週末一回
宿泊ゲストさん全員を招待して
たこ焼きパーティーをしています。

最近のたこ焼きパーティーの様子を紹介したいと思います。
ドイツから来た姉弟ゲストさんは、
なんと二人ともタコが苦手だそうです。

理由は、タコの触感がダメだそうです。
そんなゲストさんにはタコなしの玉子焼きを提供します。

今後宿泊予定のタコが苦手なゲストさん安心してください。
玉子焼きも食べれます。

日本人ゲストさんで県外から来られた方は
たこ焼き機に興味津々でした。
自分の食べる分を自分で焼くゲストさんもいます。
それを見て外国人ゲストさんも自分で焼くのに挑戦します。
 

こんな形でゲストさん同士でコミュニケーションもとれます。
たこ焼きのおかげです。

仕事仲間で大阪に来られた韓国人ゲストさん。
少し遅めの夏季休暇だそうです。

正午にチェックインをして、
MATSU近くのつけ麺やでご飯を食べて
MATSUのリビングでみんなビールを飲んでいました。

みなさんお酒が好きみたいで、
たこ焼きパーティーでは、
たこ焼きをつまみに美味しそうにビールを飲んでいました。
 

韓国ではビールに焼酎を混ぜて飲むと教えてくれました。
上司に誘われてよく飲みに行くそうで、
お酒の強いキャリアウーマンでした。
とても気さくな方たちで非常に雰囲気を良くしてくれました。

USJに遊びに来たファミリーゲストさん。
子供がみんなの分のたこ焼きを焼いてあげていました。

どれだけまるく焼けるか頑張っていました。
大人、子供、男性、女性みんなが楽しめるたこ焼きパーティー、
これから宿泊予定、宿泊検討中の方もMATSUに来られる際はぜひご参加ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
友松 慎司
ゲストハウスMATSUの責任者。 アツいハートでゲストたちに元気と笑顔を与えます。 自身もバックパッカーの経験もあり、ゲストを細かくサポート。 困ったことに応えてくれる頼れる男です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です