大阪を最高に楽しめるゲストハウス

MATSUスタッフがおすすめする「大分別府」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

MATSUスタッフが
おススメするスポットのご紹介!

昨夏の旅行に
大分別府に人生初上陸!

初めてというだけで、
気持ちがたかぶり気味なのに加え、
温泉地の証である、硫黄のモクモク
見た瞬間、大興奮でした。

硫黄独特の臭いにおいも温泉地を
実感させてくれました。

メインの温泉ですが、
JR別府駅からバスに乗って
15分ほどの温泉エリアに向かいました。

岩肌に温泉を作ったような、
露天風呂になるのでしょうか?

温泉に入りながら周りを見回すと、
青い空と、山の岩肌が一面に広がっていて、
歌でも歌いたくなるくらい
開放感がありました。

周辺景色のよく見える明るいうちに
行くことをお勧めします。

温泉上がりに名物の
地獄蒸しプリンを頂きました。
カラメルが甘すぎず、
美味しくいただきました。

温泉に入ってプリンを食べた後は、
別府地獄温泉巡りをしました。

国の名勝にも指定されているそうで、
特に印象に残った温泉を紹介します。

海地獄、温泉の色がスカイブルーで
涼しそうに見えますが、
近寄ってみると熱気を感じますので、
やはり温泉です。

血の池地獄
温泉の色が赤茶色をしています。

有馬温泉の色と似ていましたが
違うところは、入ることが出来ないことです。

赤茶色の温泉をを見ていると
昔話に出てくる血の池地獄を思い出しました。

温泉が湧いている場所は暖かく、
ワニを飼育するのに適しているそうで
ラッキーにも温泉でワニを見ることが出来ました。

今回は夏に行ったので、
次回は、冬に訪れたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です