大阪を最高に楽しめるゲストハウス

レセプションデスクにスライドレールを付けました!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

MATSUオープンからあるレセプションデスク。
ゴリマツが作ってくれたものです。
営業開始後に、フランス人ゲストさんが
クロマツの絵を描いてくれて、
とてもかわいくなりました。

フライヤーがかなり増えてきたので、
レセプションデスクの台がパソコンを置くと、
手狭になってきました。

そこで、スライドレールをつけて、
パソコンを置く台をつける事にしました。

取り付けに必要な材料をそろえます。
スライドレール、パソコンを置く台用の板、
スライドレール取り付け用の板各1枚、
塗装用のオイルステイン、つや消しのニス、
固定用の釘、接合用金折隅金。
必要なものはすべてコーナンでそろいます。

 

工程

1、板にオイルを塗る

まず板にオイルステインをはけで
ささっと色むらにならないように塗ります。
乾いてからつや消し用のニスを塗って乾かします。
天候が良ければオイルステイン、ニス、
共に2、3時間で乾きます。
出来上がりはこんな感じです。

 

 2、板を切る

板を電動のこぎりでカットします。
こんな感じ。

工程の中で板のカットが一番難しかったです。
取り付けに支障はでませんでしたが、
切り口が少し曲がってしまいました。
仕上がりをきれいにしたい方は、
コーナンなどでカットを頼んだ方が良いと思います。

 

3、スライドレール取り付け用板に
金折隅金取り付け

金折隅金をカットした板に
ドリルで釘を4か所ずつ取り付けます。
取り付けは電動ドリルを使います。

 

4、レセプションデスクに板を取り付け

板をレセプションデスクに取り付けます。
釘を電動ドリルで8か所打ち込みます。

 

5、スライドレール取り付け

スライドレールを板に取り付けします。
計4か所電動ドリルで釘を打ち込みます。

 

6、最後にパソコンを置く台を設置

台となる板は電動ドリルで釘を計4か所打ち込み
スライドレールに固定して完成です。

 

この通り、パソコン業務の多い
スタッフたくやも、満足な仕上がりです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です