大阪を最高に楽しめるゲストハウス

ドミトリーの模様替え!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

MATSUがオープンして1年半が経ちました。
オープン時にはなかった、
たこ焼きパーティー、カラオケパーティー、
習字教室、お好み焼き教室、
ゲストハウスとして成長するように
取り組んできました。

これまで新しく始めたことは、
ゲストに楽しんでもらう事でしたが、

今回は快適に過ごしてもらうためには、
という事をみんなで話し合い、
ドミトリルームの模様替えをしました。

MATSUの部屋タイプ。

MATSUには部屋が5タイプ、
男女混合ドミトリー(各16名、12名)。

女性専用ドミトリー(最大12名)

ファミリールーム(最大6名)

ツインルーム、

最大48名宿泊可能でした。

これまで宿泊頂いたゲストさんから、
「ドミトリールームの中でキャリーバッグを広げられない」
「ハンガーラックが少ない」
という意見を頂いた事がありました。

そこで、女性専用ドミトリー、
男女混合ドミトリールームの
二段ベッドを一台ずつ減らして、
スペースを作ることにしました。

成長するゲストハウスMatsuという言葉通り
新しいことをやっていきます。

ベッド解体、移動。

二段ベッドそのままでは、
ドミトリールームから運び出せないので、
最初はベッドの解体からです。



ベッドはまた使うので、
後で組み立てる事を考えて解体は必要最小限に。

解体したベッドを運んだ後は、

あらかじめ決めた位置へ
ベッドを動かすのですが、

「ベッドが重い」

自分が想像していた以上の重さでした。
とても一人では運べません。
ここは、マサトと2人で協力して移動完了。

後は、カーテンレールの取り付けです。
オープン時にとても苦労した作業です。

その時の経験から、カーテンレールを
天井に取り付ける際に使うネジが重要になるので、
新しいネジを買いに、ロイックとコーナンへ買い物へ。

ロイックはホームセンターが楽しかったようで、
フロア全体を一周して商品を眺めていました。

その間にネジを探します。
まず、ネジの種類の多さに驚きました。

欲しいネジはネジ山が深いものなので、
太いタイプなのですが、
太すぎるとカーテンレールからはみ出て
不格好になってしまい、
細いとネジ山が浅く、
天井に打ち込んでも簡単に抜けてしまいます。

何度も見比べて、自分がベストだと思う
ネジを選びました。
太さ4.5cm、長さ3.8cm、
41本入り213円(税込み)

カーテンレールの取り付け

カーテンレールを取付けていきます。
用意するものは、
電動ドリル、ネジ、メタルキャッチャーミニ
(強力なマグネットの振り子によって壁裏の金属を探す道具)

天井には、ネジが打ち込めるように
鉄板が入っています。
メタルキャッチャーミニは、
その鉄板の場所を特定するために
使うとても重要なアイテムです。

まず、ネジを打ち込む場所を決めて、
電動ドリルを使ってネジを打ち込んでいきます。

そしてカーテンレールを固定。
この繰り返しです。

ネジをしっかり選んだ甲斐がありました。
打ち込んだネジが抜ける失敗がなく、
カーテンレールの取り付けが完了。

男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー
共にイメージ通りのスペースができました。
これで、キャリーバッグがらくらく広げられます。



ハンガーラック作成

続いて、部屋の中で服やコートが掛ける
ハンガーラックが少なかったので、
今ある棚に手を加えて
新しくハンガーラックを作りました。
突っ張り棒をアマゾンで購入(円
)それを棚にはめ込むだけ。



これからのシーズン大活躍してくれるでしょう。

今回の模様替えで、ゲストさんが快適に過ごしてもらえればうれしいです。

これからも成長するゲストハウスという
コンセプトを実行していきたいと思います。

ゲストハウスと一緒に成長していって、
大阪一番のゲストハウスを目指します。
快適になったMatsuに遊びに来てくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
GUEST HOUSE MATSU
大阪西成に誕生したゲストハウスMATSU。 新しい出会いを「待つ」という想いも込めて、「松」の地に「MATSU」を作りました。MATSUは、そのほとんどがDIYでスタッフたちの手で作られましたゲストハウス。MATSUに訪れたゲストと共に、常に新しいこと、楽しいことにチャレンジし、他にはないゲストハウスにしたい。 マスコット犬「クロマツ」と一緒に、世界中のゲストをMATSUでお待ちしております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です