大阪を最高に楽しめるゲストハウス

本格的な夏到来、熱中症の症状とその予防法を大公開!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

成長するゲストハウスMATSUのTAKUです!!

いや〜最近毎日暑すぎませんか??

全国的にも40度近い場所が多いです…。

猛暑・・・いや、超猛暑ですね 汗

7月は環境省が定める「熱中症予防強化月間」にも指定されていますが
本当に熱中症に気を付けなければいけません!!

今日のテーマは熱中症です。

ゲストの皆さんが元気に旅行できるように
ゲストハウスのスタッフとして
しっかりとした知識を持っていなければ!!

せっかくの楽しい夏の始まり
体調不良にならない為にも
熱中症についてキチンと知りましょう!

そもそも熱中症とは

熱中症とは暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる体の異常をいいます。

以前は、夏の暑さで具合が悪くなることを「日射病」と呼んでいました。

また医学的には重症度に応じて、熱疲労、熱けいれん、熱射病などと呼ばれていましたが
現在では湿度などの影響もあり必ずしも気温が高い状況でなくても発症することから
まとめて「熱中症」と呼ばれています。

熱中症は気温の上昇などにより、体温調節機能のうまく働かず、
体内に熱がたまってしまうことが原因と言われています。

通常、体温が上昇すると適度な体温を維持するため、
汗をかいたりして熱を体の外へ出す機能が備わっています。

しかし、気温が高い・湿度が高いなどの環境の影響や
体温調節がうまくできない子どもや高齢者
水分や休憩を十分取らないなどの要因が重なり
その機能が働かなくなるために起こります。

熱中症の主な症状とは?

熱中症には様々な症状があります。

  • めまい、立ちくらみ
  • 筋肉のけいれん、足がつる
  • 吐き気、頭痛
  • 体に力が入りにくい
  • 汗が止まらない
  • まったく汗が出ない
  • 体温が高く皮膚が赤く乾燥している

これらにひとつでも当てはまれば熱中症の可能性があります。

熱中症は進行すると意識が混濁し、
自分で動けない、水分補給ができない状態になります。

呼びかけに反応しないなど意識障害がみられる場合は
すぐに医療機関へ運びましょう

熱中症を予防するための方法とは

熱中症を防ぐために普段の生活で気を付けられることがあります。

暑さを避ける

屋外では日傘や帽子が有効です。
また、屋内でも熱中症になることがあります。

扇風機やエアコンを使ったり、カーテンで直射日光を防ぐことも効果的です。

エアコンの設定温度は28度以下、湿度60%以下が目安です。

服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服を選び
首回りはなるべく緩めて熱気や汗が出ていきやすいように通気しましょう。

また、黒色の服は太陽光を吸収して熱くなるので注意が必要です。

こまめに水分を補給する

こまめに水分を補給することが大事です。

特に、たくさん汗をかいたときはスポーツドリンクなどで塩分も一緒に補給しましょう。

暑い日にビールを飲む方も多いと思いますが、
アルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため水分の補給はできません。

急に暑くなる日に注意する

季節の変わり目など突然気温が上がった日には
体がまだ暑さに慣れていません。

特に小さい子どもや高齢者は体温調節がうまくできず
熱中症が起こりやすくなります。

熱中症かなと思った時にとる適切な行動は?

体に異常が生じて「熱中症かな?」と思った時には
素早く適切な行動を取りましょう!

涼しい場所へ避難

日陰やクーラーが効いている室内などに移動しましょう。

水分・塩分の補給

冷たい飲み物は体内の熱を奪います。

汗で失われた水分・塩分を同時に補える
スポーツドリンクや経口補水液などが最適です。

準備できるようなら食塩水(1リットルに1~2gの食塩)も有効です。

意識がはっきりしているなら水を飲ませることは可能ですが、
熱中症が進行し意識障害がある場合には、
誤って水分が気道に流れ込む可能性があります。

飲んだ水をすぐに吐いてしまう場合にも
無理に飲ませないようにしましょう。

とにかく冷やす

首や腰廻りを緩め、体の熱を逃がします。

露出している皮膚には水をかけ
うちわや扇風機などであおぐことで
体を冷やすことができます。

また、首すじ、脇の下、大腿の付け根には
太い血管が走っているので
より効果的に体を冷やすことができます。

重症な場合ほどできるだけ早く冷やす必要があります。

どれだけ早く体温を下げることができるかで
生死を分けることにもなりかねません。

医療機関へ運ぶ

意識がない、自力で移動、水分の摂取ができない時は、す
ぐに医療機関に搬送しましょう。

「熱中症ゼロへ」プロジェクト

環境省が主催する
『7月の熱中症予防強化月間』啓発イベントが開催されます。

イベントではうちわなどの配布が予定されています。

またアンケートの回答者の中から、
先着順で暑さ対策グッズのプレゼントもあります。

大阪では下記の日程で開催されますので
参加してみてはいかがでしょうか?

日にち:7月28日(土)
時間:11:00 ~ 18:00
場所:梅田ロフト1階エントランス
※プレゼント予定数は2,000名分です。
なくなり次第終了!

【プレゼント予定の暑さ対策グッズ】

  • 日本コカ・コーラ アクエリアス(300ml)
  • カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ(試供品)
  • 森永製菓 冷やし甘酒(190g)、米麹甘酒(125ml)
  • 石垣食品 フジミネラル麦茶(1パック)

最も暑い時期です。

参加される方は熱中症に十分注意してくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
鍵田 卓也
ゲストハウスを運営するスタッフのひとり。頭脳明晰で豊富な知識を持ちます。様々なトラブルも冷静に対処するので、ゲストハウスMATSUの縁の下の力持ち。シャイなところもあるが、ツンデレで隠れファンも多いとか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です